乳幼児突然死症候群の前兆とは?【安易な添い寝は危険?】

赤ちゃん

日本で乳幼児突然死症候群と
診断された者は150人程度おり、
やや減少傾向にありますが
1歳未満の乳児の死亡原因の第3位を占めています。

苦しんでいる様子もなく、
突然呼吸が停止してしまうという怖い疾患ですが、
月齢2ヶ月から6ヶ月程度の乳児が
死亡するケースがほとんどです。

男女差は見られないと言われていますが、
前兆や注意することなどはあるのでしょうか?

そこで今回は、「乳幼児突然死症候群」について
お話したいと思います。

 

「乳幼児突然死症候群の前兆とは?【安易な添い寝は危険?】」の続きを読む…

Sponsored Link