赤ちゃんがいる部屋の暖房 おすすめは?サンラメラは?

暖房

今年も寒い季節になりました。

残暑が厳しかった今年の冬は、
例年より寒くなるそうです。

最近、急に冷え込んできた為
赤ちゃんが寒くないか、お母さんは心配ですよね。
寒さ対策はどのようにしたらいいのか、
悩んでいるのではないでしょうか?

ストーブは危ないので、
手っ取り早いのはエアコンです。

ただ、エアコンは乾燥が心配になりますよね。
筆者はエアコンをつけた部屋にいると
すぐに顔の乾燥が気になってしまいます…^^;

やっぱり冬は暖房と共に、
加湿器も必須アイテムですよね!

そこで今回は、「赤ちゃんがいる部屋の暖房」
についてお話したいと思います。

 

Sponsored Link




【TOPICS】

■赤ちゃんがいる部屋に暖房は必要?
■加湿器も必須アイテム!
■おすすめの暖房器具は?
■サンラメラって何?

 

 赤ちゃんがいる部屋に暖房は必要?

赤ちゃんがいる部屋は、
やっぱり暖かくしてあげたいですよね。

けれど、部屋を暖めすぎたり、厚着をさせすぎると
赤ちゃんは暑がって泣いてしまいます。
赤ちゃんは喋られないので、
加減が難しいですよね。

基本的に、赤ちゃんも
大人と同じ感覚で大丈夫なのです。

大人が寒いと思えば、
赤ちゃんも寒いと思っているし
大人がちょっと暑いと思えば、
赤ちゃんもちょっと暑いと
思っているということです。

寒い時は、やはり暖房器具を使って
部屋を暖めることになるので
暖房器具は必要になります。

また、赤ちゃんは
自分で体温を調節することが難しいので
こまめに赤ちゃんの様子を
確認してあげることが大切です。

 

 加湿器も必須アイテム!

加湿器

 

赤ちゃんがいるご家庭では、気温はもちろんですが
最適な湿度を保つことも大切なので
加湿器も必須アイテムになります。

湿度が40%以下になると、
インフルエンザウイルスが活性化したり、
鼻やのどの粘膜が乾燥する為、
大人も子供も風邪を引きやすくなってしまいます。

ただ、湿度が60%以上になると
今度はカビやダニ等のアレルゲンが
増殖し始めるため、注意して下さい。
冬は湿度を50%前後に保つのがおすすめです。

 

 おすすめの暖房器具は?

赤ちゃんがいるご家庭の暖房器具として、
よくおすすめされるのがオイルヒーターですよね。

安全性が高く、空気も汚さないため
おすすめされることが多いですが、
なんといってもデメリットは電気代が高かったり、
暖かくなるまでに時間がかかったりと、
デメリットの方が気になってしまいますよね。

エアコンも、石油ファンヒーターも
温風が気持ち悪かったり、空気が乾燥したり
換気が必要なので暖めた部屋がまた冷えてしまったり…

と、気になる点が多数あります。

そこでおすすめしたいのが、
やさしくて安全な暖房と言われる
『サンラメラ』という商品です。

サンラメラなら、
今まで不快に思っていた暖房器具とは違い
不満を解消することができます。

 

 サンラメラって何?

サンラメラはこれです。


*画像クリックでamazon shop

 

サンラメラは、約34年前にひっそり誕生した
遠赤外線ヒーターを使用した暖房機器です。

一般的な温風を吹きだして暖める
クーラーやファンヒーターなどとは違い
遠赤外線で人体を直接暖めるので
体の芯から温まることができます。

また、壁や床も暖められ、熱を放射することで
部屋の上と下の温度差がなくなります。

部屋中を均一に暖められることから、
赤ちゃんがいる家庭には
最適な暖房器具と言えるのです。

 

 サンラメラのメリット

・体の芯まで温まる
・燃えないので安全
・ホコリやダニを舞い上げない
・空気が乾燥しないので、のどに優しい
・無音、無臭
・24時間使える
・故障しにくい
・換気をしなくても良い
・灯油が必要ない
・電気代も安くて経済的

 

直接温風が出ないので、
部屋全体が温まるまでは
30分~1時間ほどかかりますが、
電気を使う暖房機器の中でも
電気代は1時間約10円と安いので
デメリットよりもメリットの方がはるかに大きいです。

今使っている暖房機器に不満がある方は、
一度検討されてみてはいかがでしょうか?

筆者も冬は寒さが厳しい地域に住んでいるので、
今年は6ヶ月の息子が初めての冬を迎えたので
サンラメラを検討してみようと思っています。

 

 【まとめ】

・部屋の気温は、大人と同じ感覚で調節するが、赤ちゃんは自分で体温調節できないので、こまめに様子をみる。
・乾燥するとインフルエンザウイルスが発生しやすくなるので、加湿器を使用して、湿度を50%前後に保つことが大切。
・サンラメラの電気代は安いのに、保温性が高い暖房機器である。

 

Sponsored Link




コメントを残す