小さな女の子の髪を上手にしばってあげるコツは?

大人の女性でしたら、髪が伸びてきても
そのままなびかせておいてもOKですが、
小さな子供の場合、遊ぶ際に邪魔になってしまうため、
縛ってあげる必要が出てきます。

女の子

邪魔なら短くしちゃえば楽だし、意外とかわいいかも…
親は思っても、男の子と間違えられたり、
本人が髪を切るのを嫌がるケースも多いと思います。

小さな子って、プリンセスなんかに憧れますから、
長い髪好きなんですよね。

そしてかわいく縛って欲しい!
もうすっかりおシャレに目覚めちゃっているんです。

でも子供の髪って縛りにくくないですか?
子供の髪は痛みもなく、サラサラだからこそ、
するすると滑って縛りにくい!

私も幼稚園児の娘の髪を結うのに毎日苦労しています。
それでなくても滑って縛りにくいのに
子供だからすぐに動こうとするので大変です。

おまけに朝は時間もない!
同じように苦労されている方、沢山いらっしゃいますよね。

今回は、女の子の髪を上手に縛るコツをいくつかご紹介します。
私もこの方法で縛ってからはあまり時間がかからなくなりましたので、
ぜひお試しください。

 

Sponsored Link




【TOPICS】

■女の子の髪を上手に縛るポイント
■髪を結われるのを嫌がる子への対処法
■上手な髪のしばり方を学びたいなら

 

女の子の髪を上手に縛るポイント

女の子の髪を上手に縛るにはいくつかのポイントがあります。

 

 少し湿らせる

髪が滑りやすい子の場合、まずそれを何とかしないとうまく縛れません。

写真撮影で結う時などは整髪料を付けますが、
幼稚園等に行くのに整髪料はつけたくありませんよね。

そんな時は少し水で湿らせます。
但し、本当に少しにしてあげてください。

濡らしすぎると、そのまま縛りますから内側が蒸れて
生乾きの状態になり不衛生です。

よく霧吹きなどで水を吹きかける方もいらっしゃいますが、
それでは濡らしすぎです。

髪には直接水はつけず、手を湿らせた状態で縛る
もしくは櫛を少々濡らしてから髪を梳くという感じで良いと思います。

 

 ただの輪になっているゴムを使わない

一般的なヘアゴムではなく、輪になっていても、
両端に飾りが付いたようなタイプを選んでみて下さい。

一般の輪になっているヘアゴムで大人と同じような縛り方で結ぶよりも、
一方の飾りを持った状態で縛る根元を押さえておき、
もう一方の飾り側を逆の手でもって根元をぐるぐると巻き、
最後に飾り同士を絡めるという縛り方の方がしっかりきつく縛れます。

 

 ②の方法は苦手な場合はゴムを2種類使ってみよう

②の方法が苦手な場合、まずは輪になっているゴムで
普通に縛ってあげてください。

この時使うゴムは「絡まないゴム」と言われている
カラフルな輪ゴムのようなゴムが良いと思います。

100円ショップやドラッグストアなどどこでも売られています。

そのゴムで縛ったのちに②で使うような両端に飾りのついたタイプのゴムで
ぐるぐる巻き縛りをしてみてください。

おそらくうまく縛ることが出来ると思います。

 

髪を結われるのを嫌がる子への対処法

髪の結い方は分かっていても、髪をしばられるのを嫌がられたら
なかなかうまく結べませんよね。

では、お子さんが髪をしばられるのを嫌がる場合、
どうしたら良いでしょうか

 

 お気に入りのテレビやDVDを見せておき、その間に縛る

これは子供にじっとしていてもらいたい時の基本の方法ですね。

 

 鏡を見せながら縛る

「今からかわいくなっていくから見てて~」
と鏡の前で髪を結ってあげます。

うちの子供はこれでじっとしていてくれます。
ちょっと美容室にいるような雰囲気を出すのがポイントです。

 

 ゴムを選ばせる

「今日はどれでしばる?」
なんて子供に選ばせてあげると、意外と黙って縛らせてくれます。

 

上手な髪の縛り方をもっと学びたいなら

髪をうまく縛るコツ、ご紹介しましたが、
正直いまいちピンと来ないという方、いらっしゃいませんか?

当然です。

文字だけで説明するのはとても難しいですし、
実際やるとなるとイメージがわかず難しいと思います。

また、ただ縛るだけではなく、三つ編みや編み込みなど
可愛らしいヘアアレンジをしてあげたくもなってきますよね。

そんな時は Youtubeなど動画サイトを見てみてください。

基本的な縛り方から応用編まで、
実際のやり方を動画で見れますのでとても分かりやすいと思います。

 

まとめ

小さな子供の髪を結うのは一苦労です。

朝の忙しい時間に、なかなか髪が結えず、
ついイライラしてしまいがちですが、
小さくても女の子、ヘアスタイルは大事なんです。

出来るだけ素早く、上手に結んであげられたら良いですね。

Sponsored Link




コメントを残す