赤ちゃんの体重がなかなか増えないのが心配!知っておきたいこととは?

赤ちゃんが順調に育っているかを表す一つのバロメーターとして、
体重の増加があります。

体重

生まれてしばらくは日に日に体重が増加していき、
生後3か月頃には体重が3倍以上になっている子もいるほどです。
赤ちゃんの成長って本当に驚異的ですよね。

でも、中には赤ちゃんの体重がなかなか増えずに
悩んでいるママも少なくはありません。

赤ちゃんの体重がなかなか増えずに心配!
そんなときの対処法や考えられることなどについて
お話ししたいと思います。

 

Sponsored Link




【TOPICS】

■授乳の回数や量は足りてる?
■赤ちゃんの体重が増えない、考えられることは?
■まとめ

 

授乳の回数や量は足りてる?

出産後、入院中は授乳の前後に
赤ちゃんの体重を測っていましたよね。

でも、お家に帰って一人で家事もお世話もするとなると
毎回体重を測るのは難しくなってきますよね。

検査

ミルク育児の場合はどのくらい飲んだかが
残ったミルクの量でわかりますが、
母乳だとどのくらい飲んでいるのかが
なかなかわかりずらいものですよね。

なので、足りていないんじゃないかとミルクを足して、
乳児健診で太りすぎといわれてしまったり、
逆におっぱいやミルクが足りていなくて、
もっとおっぱいを飲ませるように指摘されてしまったり…

赤ちゃんの授乳の量やタイミングって、
加減がなかなか難しいものですよね。

このように授乳の仕方などにも
赤ちゃんの体重増加が関係してくるようです。

 

 完全母乳の場合

完母の場合、ママのおっぱいの出が悪かったり、
反対に出すぎている場合などに赤ちゃんが飲むのを
嫌がったりすることがあるみたいです。

そのため、体重がなかなか増えないということも少なくないようです。
おっぱいの出が良くないという時は、おっぱいマッサージをしたり、
定期的に搾乳するなどして、母乳の出を良くしてあげると良いかもしれません。

反対に母乳の出が良すぎるという時には、
搾乳して哺乳瓶に移してから飲ませるなどすると
よく飲んでくれるようになることがあります。

 

 ミルクの場合

生後3か月頃までの赤ちゃんの授乳回数(ミルクのみの場合)は
1日6-8回。

そして1回の哺乳量は、生後1日目の赤ちゃんで20-30ml程度で、
一日ごとに10ml位ずつ増やしていき、
生後1週間くらいまでに100ml程度に増やしていきます。

その後はこのように月齢にあった量に
1回の哺乳量を増やしていくわけです。

産院で詳しく教えてくれることもあれば、
そうでない場合もあり、ミルクの量を
新生児期のままあげてしまっていたというママもいるようです。

 

赤ちゃんの体重が増えない、考えられることは?

赤ちゃんの体重増加は、完全母乳で1日20g程度、1か月に600g以上増加、
ミルクの場合は1日30g程度で1か月に1㎏増えていれば、
順調と言っても良いでしょう。

授乳の量や回数を加減することで、
ほとんどの赤ちゃんが順調に体重を増やしていくわけですが、
中には授乳だけでは解決しない場合もあります。

その場合、考えられることとして、
まれに甲状腺ホルモンや成長ホルモンの分泌が足りていないということもありますが、
その場合は乳児健診で指摘されることがほとんどです。

健診

そのほかにも、新生児期には室温が低いなどの理由により、
体温を上昇させるためにエネルギーを消費してしまい、
体重が増えないということもあるそうです。

赤ちゃんが動けるようになる時期であれば、
よく動く子はよくエネルギーを消費しますし、
あまり動かない子であれば、体重が増えていくのは必然的です。

このように体重の増え方には
かなり個人差があるものなのです。

 

まとめ

私も二人の子供の育児の真っ最中ですが、
体重の増え方は全然違いました。

一人目はミルクを足すようにと言われるほど
体重の増えが良くなかったのに比べ、
二人目は授乳の回数が少ないのに
少し太りすぎと言われるほど順調に増えていきました。

このように赤ちゃんの体質や吸収率にも個人差がありますし、
育児書などにある体重増加の値はあくまで目安なので、
あまり神経質になりすぎないように気をつけたいものです。

Sponsored Link




コメントを残す