子供のむら食いの原因とは?【治し方は?】

朝は全然食べないのに、夕食はモリモリ食べる。
離乳期や幼児期にむら食いはよくあること。

子供

でも、こんなに食べたり食べなかったりで、
栄養はきちんと取れているの?食欲がないのかな?などと
色々気になってしまいますよね。

そこで、今回は子供のむら食いの原因とその対処法について
お伝えしたいと思います。

 

Sponsored Link




【TOPICS】

■子供のむら食いの原因とは?
■むら食いの治し方・対処法

 

子供のむら食いの原因とは?

まず、むら食いがあるのは子供だけではなく、
大人にも食欲に波があることを思い出してみてください。

例えば、今日は疲れたからなんだか食欲がないな~
こんな時ありますよね。
それが子供にもあるというだけなんですよね。

原因は違えど、むら食いは大人にも子供にもあるものなのです。
子供の場合は、テレビや遊びに夢中になってしまった時などに、
食事に集中できずに「もうお腹いっぱい」となってしまうことが多いですよね。
そしてその後、すぐにおやつなどを欲しがったりします。

食べたくないわけでもなく、お腹が空いていないわけでもないのですね。
ただ食事に集中することが出来ていないだけなのです。

 

その他にむら食いの原因として考えられるのが、
ただ単純にお腹が空いていない時に食事が出てくるから食べない
という場合ですね。

お腹が空いているときにごはんが出てくればたくさん食べるし、
お腹が空いていなければ食べない、

これは当たり前のことですよね。

このように食事のリズムが整っていない場合、
食事量にむらが出てきてしまうのは仕方のないことですよね。

 

こういった時期には1回の食事量を気にするのではなく、
一週間に決まった量を食べていれば良しとするくらい、
大らかな気持ちで見守る方が良いかもしれません。
そして少しずつ食事のリズムを整えて行ってあげればよいと思います。

このようなむら食いは2歳前後のイヤイヤ期と呼ばれている時期に多く見られ、
イヤイヤ期と共に自然に治まっていくものです。

 

むら食いの治し方・対処法

子供のむら食いの原因として最も多いのが、
食事に集中できていない場合と、食事のリズムが整っていない場合です。
原因別にむら食いを治す方法についてまとめました。

 

 食事に集中できていない場合

一昔前までは食事中にテレビをつけることを
禁じられている家庭がほとんどでしたよね。
わたしも幼少期はよく怒られたものです。

でも、最近では一日中テレビをつけっぱなしにしている家庭が
ほとんどですよね。

このテレビが結構曲者で、子供ってテレビを見ているときに話しかけても
全くと言っていいほど、返事をしないし、
動きもピタッと止まってしまうほどテレビに集中してしまいますよね。

その中で食事を出されても食事に集中できないのは当たり前ですよね。
それどころか食事には一切手を出さなかったりもしますよね。

やっぱり食事をする時には、テレビやおもちゃなど、
子供にとって魅力的なものは全て手の届かないところへ
見えないようにしておくのが一番です。

食事の前に遊んでいたおもちゃを片付け、
テレビも消してしまうのが良いでしょう。

 

 食事のリズムが整っていない場合

毎日の食事の時間をしっかりと決めてあげるだけで、
子供のむら食いは良くなってくるものです。

我が家では、離乳食完了時から朝は7時、昼12時、夜6時
しっかりと時間を決めて食事をさせるようにしています。

それでもお家遊びだけの日にはお昼までにお腹が空かない、
お外で遊んだ時にはお昼前にお腹が空いてしまうなど、
子供の空腹をコントロールするのはすごく難しいですよね。

そういう時には、お家遊びの時にはなるべく体を使って遊ぶようにする、
お腹が空いて我慢できない時には、チーズや一口サイズのおにぎりなどで
子供の空腹をコントロールしてあげると良いと思います。

こうして時間通りに食事を摂る癖をつけておいてあげると、
保育園や幼稚園に通う始めたときに、
子供もママも生活のリズムがとりやすいですよ(*^^*)

 

まとめ

子供のむら食いを治す一番の策は、
空腹のコントロールと楽しく食事を摂ることだと思います。

朝などの忙しい時間帯に子供と一緒に食事を摂ることは
簡単な事ではありませんが、「美味しいね~」など声をかけながら、
なるべく一緒に食事を摂ってあげるようにすることで、
子供にとっての食事の時間も楽しみなものになってくるのではないでしょうか?

Sponsored Link




コメントを残す