授乳中でもコーヒーを飲みたい適量はどれくらい?

目覚めや食後、一息つきたいときにはやっぱりコーヒー。

コーヒー

妊娠中から控えるようにしてきたけど、授乳中も控えた方がいいのでしょうか?
1日何杯までなら飲んでも大丈夫なのでしょうか?

今回は授乳中にコーヒーを飲む場合の適量について
まとめてみました。

 

Sponsored Link




コーヒーが赤ちゃんに与える影響は?

ママの食べたものや飲んだものは母乳に移行して、
赤ちゃんの口に入るものですから、
やっぱり気になるのが、赤ちゃんへの影響ですよね。

ママが飲んだコーヒーに含まれるカフェインのうち
0.06-1.5%くらいが母乳に移行するといわれています。

コーヒーの成分といえばカフェインですが、
このカフェインが赤ちゃんに与える影響として、
夜泣きや情緒不安定になることがあるそうです。

泣き

ただこれも過剰に摂取した場合ですので、
基本的には心配ないかと思います。

 

そして一番気になるのが発育への影響ですが
今のところ、発育への影響はないとされているようです。

それよりも、ママが飲みたいもの食べたいものを我慢することにより、
ストレスを抱えてしまうことの方が赤ちゃんに悪影響を及ぼすといわれていますので、
無理に我慢する必要はないと思います。

適量ならストレスを暖和してくれる作用があるみたいですよ。

 

授乳中のコーヒー 一日の適量は?

次に授乳中のコーヒーの摂取量についてお話しします。
基本的には1リットルとか一気にがぶ飲みするような飲み物でもありませんし、
多量摂取すること自体少ないかとは思いますが、過剰に摂取することは禁物です。

1日1-2杯程度なら問題ないでしょう。
多くても3杯程度に抑えておけば赤ちゃんへの影響はほとんどないと思います。

 

気をつけなくてはならないのが、
カフェインはコーヒーやお茶のほかにも、
チョコレートやコーラガムなどにも含まれていますので、
そういったものを食べたときには、コーヒーの量を
少し控えた方が良いかもしれませんね。

チョコ

ちなみに1日に授乳中のママがとっても良いとされているカフェインの量は
300㎎程度とされています。

そしてカップ1杯のカフェインの量が、コーヒーや60-80㎎程度、
紅茶30㎎程度、コーヒー牛乳20㎎程度となっています。

コーヒゼリーにもコーヒーと同量のカフェインが含まれています。
知らず知らずのうちにカフェインを摂取していることもありますので、
コーヒーは少し控えめに1-2杯程度に抑えておけば、
一日の摂取量を超えることはないのではないでしょうか?

 

どうしてもコーヒーをたくさん飲みたいママは?

実はコーヒーってタバコやアルコールと一緒で
中毒性があるんですよね。
過剰に摂取してしまうと、飲まずにはいられないくらい。

コーヒー2

私もコーヒーが大好きで、妊娠前は一日に5-6杯は当たり前、
外に出れば缶コーヒーと、一日中コーヒーを飲んでいるほどでした。

でも1人目の子を妊娠した時に、
コーヒーをノンカフェインのものに変えたんですね。

【参考】妊娠中でもコーヒーがどうしても飲みたい!【妊娠・授乳中でも飲めるコーヒー】

 

正直味は普通のコーヒーと比べれば美味しくないし、
初めの頃はコーヒーが恋しくなりました。
でも赤ちゃんのためなら頑張れちゃうものですよね。

そのうちに慣れてきたようで、美味しいとまでは思わずとも
ノンカフェインコーヒーで我慢できるようになりました。
なので、授乳中もノンカフェインを飲むようにしていました。

そして無事断乳が完了し、コーヒーを解禁したのですが、
妊娠授乳中にカフェイン中毒もおさまり、
一日1-2杯程度で満足できるようになりました(*^^*)

 

夜の授乳などでコーヒーが飲みたくなる気持ち、
ものすごくよくわかります!

そんなときは無理に我慢するのではなく、
ノンカフェインやカフェインレスのコーヒーと合わせて、
一日のカフェイン摂取量をコントロールしてみると良いと思います。

 

まとめ

妊娠、授乳中って赤ちゃんのために、
色々と制限しなくてはならないことがあって本当に大変ですよね。

赤ちゃんのお世話に加えて、自分の体調や
食物摂取の管理までしなくてはならないので、
我慢しすぎずにストレスが溜まらないようにしたいですよね。

Sponsored Link




コメントを残す