小学生の習い事 まずは何をさせる?【おすすめは?】

ピアノ、そろばん、習字。
筆者の子供のころは、この3つが主な習い事でした。

習い事

今は習い事と言っても本当にたくさんのジャンルがあります。
小学生から始める習い事
何をさせたらいいのでしょうか?

 

Sponsored Link




【TOPICS】

■小学生の習い事、まずは何をさせる?
■おすすめの習い事は?
■筆者親子の体験談

 

小学生の習い事、まずは何をさせる?

小学生から習い事を始めるのが早いか遅いか、
家庭の事情やお子さんの興味の有無もあるかと思います。

小学生は何でも好奇心旺盛で、
いろんな事を吸収できる年齢ですから、
積極的に取り組んでもよいでしょう。

 

小学生に人気の習い事は、
スポーツで言えば水泳、芸術面だと楽器の演奏だそうです。

水泳は全身運動のため体力もつき、
喘息の治療にも効果的だそうです。

水泳

安全に泳ぐ練習をすることで、家族で海やプールで遊ぶ場合も
危険を回避できることでしょうね。

また楽器の演奏も、ピアノやヴァイオリンのような
クラシックな楽器に加え、最近ではドラム、ギターなど
現代的な楽器の習い事に通うお子さんも増えているようです。

 

スポーツ、音楽に興味のある子は、
才能を伸ばすきっかけになるでしょう。

学習面では、英語や算数の基礎をプリント形式で繰り返し続ける教室や
習字やそろばんなどの教室もあります。

じっくり机に向かって集中する時間に慣れることも
学年が上がるにつれ、必要な訓練になるでしょう。

 

おすすめの習い事は?

おすすめの習い事は、その子に合ったもの。
その子が楽しく、続けたいと思って通えるものが一番ですね。

子供

お子さんの将来を見据えて親の願望で押し付けるのではなく、
体験教室や見学会で、お子さんが興味を持っていたかが
大切ではないでしょうか?

月謝を払うのは親ですから、
やはり多少は親の気持ちも優先してしまいがちですが、
何事も長く続けていくこと、突き詰めてやり遂げることの充実感、
達成感を小学生から体験してほしいものです。

家や学校とは違う世界で、
違う人間関係を築くことも良い経験になると思います。

美術教室、ダンス、バレエ、科学教室など、
じっくりと吟味して、その子の可能性を見出してあげてください。

 

筆者親子の体験談

私の息子には小学1年生になる前から、
色々体験させようと連れまわしました。

まずはピアノ

ピアノ

一戸建てに引っ越し、実家から持ってきた筆者の愛用のピアノを
格好良く弾きこなす男の子はモテるんじゃないかと勝手に錯覚して、
ご近所の個人宅でレッスンを受けさせましたが、
根っから才能が無かったのか全く興味が無かったのか、
覚える気が無かっただけのようでしたが、半年も通わず
辞めてしまいました。

正確に言えば、先生が引っ越しのため教室を閉めたことと同時に
終了してしまったのですが。

 

次に英語

英語

お友達と楽しく通いましたが、遊びの延長でふざけてしまうので
先生に匙を投げられて終了。

その後は、習い事とは縁遠く、
毎日遊びまわって自由を満喫していましたが、
中学に入ると、学習塾のお世話になりました。

戻れることなら、
やはり算数、英語は基礎からしっかり低学年の時から
学ばせていれば良かったと今になって思います。

 

習い事は、強制ではありませんので
絶対に行かなければならない場所ではありません。

焦らずじっくり考えて、お子さんのやりたいものを
見つけてあげてください。

学校生活、友達との時間の妨げにならないような時間の作り方、
指導方法や指導者の人柄、通う道中の安全の確保は、
お父さんお母さんがしっかりと見極めてあげる必要があります。

 

 【まとめ】

・おすすめの習い事は、その子に合ったもの。
その子が楽しく、続けたいと思って通えるものが一番。
・まずは無料体験講座を受講し、子供の様子を見てみること。

 

Sponsored Link




コメントを残す