1歳の子供が寝ない時の対処法は?

子どもの寝かしつけって大変ですよね。
布団に横になるとすぐに寝てくれる子どもは楽ですが、
寝付きが悪い子だとホントに大変!

子供

特に1歳の子どもはまだ親がそばにいないと寝ない上に
言葉もそれほど通じないので寝なさいと言ったところでなかなか寝ません。
遊び出してしまうか、泣いてぐずるかどちらかです。

そういった時はどうしたらいいのか?
寝ない子どもを寝かしつけるポイントはあるのでしょうか?

 

Sponsored Link




【TOPICS】

■子どもが寝ない理由
■上手な寝かしつけのポイント

 

子どもが寝ない理由

子どもが寝ない理由は様々ですが、
些細なことでも眠れなくなるものです。

大人にとっては大したことでなくても、
子どもにとっては眠気を妨げるものになります。

1歳児に多い寝付きが悪くなる理由を挙げてみました。

 

 昼間の遊びが足りないので、体力を消耗できていない

1歳~2歳の頃は、体力が急についてくるので
以前の遊び方では物足りなくなってくる子もいます。
雨の日など外遊びをしない日も、体力の消耗がないので
寝付きが悪くなります。

 

 日中に興奮することがあった

歩き始める1歳児は行動範囲も広くなり、
日中に受ける刺激が多くなり、
興奮をそのまま引きずっていると夜に影響します。

この他にも0歳児同様にお腹が空いていたり、
おむつが濡れているといった理由で
なかなか眠らない子どももいます。

 

上手な寝かしつけのポイント

1歳児を寝かしつけるポイントは、
日中はとにかく体を動かして疲れさせることです。

体力の消耗が激しければ、
夜は疲れて自然と寝付きも良くなります。

ただ、お昼寝をし過ぎてしまうと夜に響くので、
午後の早い時間帯に寝かして
適当なタイミングで切り上げるようにしましょう。

 

が、最終的には何をやっても寝ない子はいます。
絶望されるママもいるかもしれませんが、
疲れさせてもずっと抱っこをしていても、
すぐに目を覚ましてしまう子どももいます。

寝るのが上手な子もいれば、
下手な子もいるという個人差としか言いようがありません。

そうなると、
ママが気持ちを上手にコントロールするのが一番の
対処法と言えます。

1歳児の間は寝かしつけは
スッパリ諦めるのも一つの方法です。

 

ちなみに筆者の場合は
寝かせようと思わずとりあえずおんぶ紐でおんぶして過ごす方法
とっています。

エルゴ
エルゴ抱っこひも 日本正規代理店商品

エルゴでおぶって録画しておいたテレビを見たり、
おんぶしながら読書していたりすると
いつの間にか寝ていた、というケースが多いです。

 

 【まとめ】

・1歳は体力が付いてくる頃なので、
日中の消耗が少ないとなかなか寝付けない。
・活動範囲が広がる頃なので、
日中の刺激が強いと興奮を引きずって寝付けない。
・日中、いかに体力を消耗させるかが寝かし付けのポイント!
・お昼寝は午後早い時間帯にさせ、早目に切り上げる。
・寝付きの悪さは性格的なこともあるので、
そういった場合は諦めることが大切。

Sponsored Link




コメントを残す