新生児が鼻づまりでフガフガしている時の対処法は?

先日赤ちゃんが生まれた友人の家に遊びに行ってきました。
新生児を見れる機会はそんなにないですし、
何よりもすごくかわいくて癒されました^^

赤ちゃん

写真を何枚もパチパチ撮っていたのですが、
どうやら鼻の調子が悪かったようで
写っているいるものはどれもイマイチ(それでも可愛いですが)な表情…

苦しそうにフガフガしている姿を見て、
大丈夫かな?と心配になってしまいました。

そこで今回は新生児が鼻づまりを起こしている時の対処法について
調べてみることにしました。

 

Sponsored Link




【TOPICS】

■新生児の鼻づまり 原因とは?
■新生児が鼻づまりでフガフガしている時の対処法は?

 

新生児の鼻づまり 原因とは?

赤ちゃんの鼻づまりはズビズビと音が出たりして、
とても呼吸が辛そうですよね。

新生児は口呼吸があまりできない為、
おっぱいを飲んでいる最中も苦しそうに
口を離す子が良くいるようです。

なんだか今にも呼吸がとまってしまうんじゃないか…
と心配になるママさんも多いことでしょう。

赤ちゃんの鼻と言うのは分泌物の量は大人と変わらないのに、
鼻腔が狭い、鼻が低い、鼻の穴が小さいなどの理由で
詰まりやすくなっています。

さらにミルクや母乳をたくさん飲むため
粘膜がまとわりつきやすく、
少しの気温の変化でも鼻水がたくさん出てしまいます。

そして空気が乾燥すると鼻水が固まり、
更に鼻を詰まらせる原因となります。

仰向けに寝ていることが多いのも、鼻の奥に粘膜が詰まる原因の一つ。
大人のように自分で鼻をかむことはできませんから、
こまめに見てあげる必要があります。

 

新生児が鼻づまりでフガフガしている時の対処法は?

新生児の鼻づまりには、鼻水吸い器で吸い取ってあげる
という対処法があります。

ベビーグッズを取り扱うお店などに置いてある商品ですが、
赤ちゃんの鼻にノズルをあて、ホースで吸引してあげるものです。

こちらは比較的簡単に鼻水が取れますし、
実際に利用している方も多いのではないでしょうか?

あまり強く吸ってしまうと鼻の粘膜が傷ついてしまいますが、
コツをつかむと簡単に鼻づまりを解消してあげることができます。

 

またその際は加湿器などを使って
部屋の湿度を上げてあげるようにしましょう。

空気が乾燥しているとその分
鼻水が固まる原因となってしまいます。

鼻水吸い器が手元にない!という場合は、小さめの蒸しタオル
赤ちゃんの鼻の下や付けに当ててあげましょう。

鼻が温まることで固まっていた鼻水がやわらかくなり、
鼻の通りを良くしてあげることができます。

 

それ以外では母乳を鼻に垂らしてあげるという方法も。
昔の人は母乳を一滴鼻の穴に垂らして、
赤ちゃんの鼻の通りを良くしてあげていたそう。

実は母乳は血液と同じと言われ、
いろいろな免疫物質を含んでいる為、
抗炎症作用もあると言われているのです。

しぼりたての新鮮な母乳をスポイトなどで
鼻の中に一滴垂らしてあげるだけで、
鼻の通りがかなり良くなるそうですよ。

その名も母乳点鼻と言われる方法で、体に害もないことから
非常におススメの方法です。

 

 【まとめ】

・新生児は鼻が低く、鼻腔が狭いなどの理由で
鼻づまりを起こしやすい。
・鼻づまりがある時は鼻水吸い器などで吸引してあげたり、
鼻を温めてあげると良い。
・おススメの方法は「母乳点鼻」、母乳をスポイトなどで
一滴鼻の穴に垂らしてあげるだけ。

Sponsored Link




コメントを残す