サツキとメイの家 予約した方がいい?【実際の感想】

万博公園の跡地にある「サツキとメイの家」
トトロファンであれば気になるスポットですよね。

模型

万博開催当時はチケットがかなりの競争率で
地元の人でもなかなか見ることができなかったと聞きます。

筆者の子供はトトロの大ファンで、
一度は行きたいなぁと思っていたのですが、
つい先日、万博公園に行くチャンスがあり、
その時にサツキとメイの家にも行ってきました。

ところでサツキとメイの家、
観覧するには事前に観覧予約券を購入するとよいとネットにはありますが
事前予約をしていった方がいいのでしょうか?

実際にサツキとメイの家に行ってきた筆者が
どのように動いたらいいのか?
体験を踏まえて記事にしてみました。

 

Sponsored Link




【TOPICS】

■予約をするべきか?
■どこの入り口から入るといいか?
■入場に当たっての注意事項は?
■サツキとメイの家 どういう設定?
■サツキとメイの家 見どころは?

 

予約をするべきか?

サツキとメイの家を観覧するには
ローソンのLoppiにて日時指定の観覧予約券を購入します。
観覧料は30分510円・中学生以下250円・3歳以下無料になります。

ローソン

 

サツキとメイの家は予約しないと観覧することができないか?
というとそうではありません。

当日券もありますので、事前予約が必須事項ではありません。

スケジュール

ちなみに当日券の購入者は基本的には
10時、11時、12時、13時、14時、15時、16時から見ることができ、
各時間帯、先着50人までとなっています。

*受付終了は15分前。

 

事前予約の場合、日にちと観覧時間帯をきっちりと決める必要があるので
もし、当日子供が出発間際にぐずったりしたら…
ちょっとリスクが大きいですよね。
そのため、筆者の場合は当日券狙いで行きました。

実際、若干混み合う日曜日に行ったのですが、
受付に10時15分ごろに着いて、11時の観覧に十分間に合いました。

ある程度、子供が大きくなって、
てきぱき行動できるのであれば事前予約でいいと思いますが、
子供が小さく、決まった時間帯に間に合うかどうか危ういのであれば
当日券買いでも全然大丈夫だと思います。

 

どこの入り口から入るといいか?

サツキのメイの家のロケーションから考えると
西口駐車場で車を止めて行くのが一番いいです。

地図

西口休憩所をスタートし、日本庭園を一直線にいけば
サツキとメイの家の受付になります。

西口駐車場は車も空いているので
おすすめですよ。

 

正面入口から向かう場合、サツキのメイの家まで
かなり距離があり、勾配のある坂道を登ったり下りたりします。
*筆者は運動不足がたたり、かなり体力を消耗しました…

坂道

小さい子供がいるのであれば
西口駐車場に車を止めて平坦な道を突っ切って受付に行った方が
余分な体力を消耗せずに済みます。

 

入場に当たっての注意事項は?

注意点

特筆すべき注意事項は以下になります。

 家屋内での写真撮影・ビデオ撮影は禁止。
ただし、外観の撮影はOK。
 観覧時間は30分間。(屋内15分/野外15分)
 立ち入り禁止内には入らないこと。
→お父さんの書斎と階段。
 施設内は携帯電話の使用、飲食喫煙は厳禁。
→昭和の雰囲気を損なうため。
 屋内にはいる時は所定の場所にベビーカーを置くこと。

 

サツキとメイの家 どういう設定?

サツキとメイの家、
映画では昭和35年の草壁家でしたが
その1年後である昭和36年の草壁家という設定になっているようです。

お母さんは退院して家庭に戻り、
ボロがきていた家の柱はお父さんが補強したという話になっています。

家族構成は以下になります。
*映画から1年後になります。

・草壁タツ夫 33歳
・草壁ヤス子 33歳
*映画では名前がでてきませんでしたが…ヤス子というそうです。
・草壁サツキ 小学5年生
・草壁メイ  5歳

昭和を感じさせる小物類5,000点が家の中にちりばめられ
ノスタルジックな雰囲気を感じさせてくれます。

 

サツキとメイの家 見どころは?

家の外にベビーカー置き場がありますので
家屋に入る前にベビーカーはここに置いていきます。

置き場

 

門柱には「草壁」の表札。
何か重厚感がありますね。

表札

 

そして玄関につながっています。

玄関

 

お父さんの部屋は立ち入り禁止なので、
外から撮影しました。
柱にはしっかり補強がされています。

書斎
外観
補強

 

庭にまわると縁側と井戸水を組む場所が。
そういえば井戸水で洗濯を、
縁側でおはぎを食べているシーンがありましたね。

縁側

 

まっくろくろすけとご対面?

土間

 

家の外にはお約束のバス停…
トトロが来るかな!?

バス停

 

ちなみにサツキとメイの家を出て、
しばらく歩くと展望台があります。

展望台からはサツキとメイの家が一望できます。
トトロ目線からのサツキとメイの家はこちら。

トトロ目線

 

如何でしょうか?
サツキとメイの家は昭和の世界観を忠実に再現しており、
年配の方が訪問されても楽しめるのではないかと思います。

子供がトトロのファンであれば
昭和の草壁家、ぜひ見に行ってほしいと思います。

 

 【まとめ】

・サツキとメイの家の観覧には事前予約、当日券がある。
当日券でも十分、観覧可能。
・体力を温存して行きたいのであれば、西口駐車場に車を止めるのがよい。

Sponsored Link




コメントを残す