子供の薄着は抵抗力の強化に繋がるのか?

赤ちゃん

全国の子育て奮闘中のママ、
“最近の子は弱いね~”
“すぐ風邪を引くね~”

と言われたことはありませんか?

筆者の息子は8ヶ月になりましたが、
これまで2回ほど風邪をひきました。

時期は夏に1回と秋から冬の季節の変わり目でしたが、
寒さ厳しいこの季節も風邪が心配です。

そんな時、
「子供に薄着をさせて抵抗力をつけるといい」
という話を聞いたのでさっそく調べてみました!

寒い冬はどうしても厚着をさせてしまいがちですが、
本当に薄着で良いのでしょうか?
逆に風邪を引いてしまうのでは?

そんな気になる疑問にお答えすべく、
今回は「子供の薄着は抵抗力の強化に繋がるのか?」
についてお話したいと思います。

 

Sponsored Link




【TOPICS】

■薄着で抵抗力の強化ができる?
■どのように着せたらいいの?

 

 薄着で抵抗力の強化ができる?

今の子供たちは、
着せすぎだと言われています。

子供は大人より体温が高いので、
大人が思っているほど寒くないのです。

新生児期を過ぎたら、なるべく薄着にさせて下さい。
子供の基本は薄着なのです!

子供の皮膚は、ある程度外気にさらすことによって
強くなっていきます。

時には風邪を引くこともあるかもしれませんが、
子供が一生風邪を引かないなんてことはありませんよね。

風邪を引くことを恐れて子供を守り過ぎていると、
子供がどんどん弱くなっていってしまうので
注意して下さい。

風邪を引いている時は一時ストップして、
また治ったら薄着に戻すようにしてあげましょう。

寒そうだから、と服を着せすぎてしまい
余分な汗をかいてしまうことが
風邪を引く原因になってしまうのです。

 

ちなみに、風邪を引いている間でも
薄着の方が好ましい時があります。

それは、汗をかいていて暑そうにしている時です。

暑そうにしている時は、肌を露出してあげた方が
熱が取れて治りが早いんですよ。
*もちろん、寒気があれば暖かくしてあげて下さい。

このどちらでもない場合、
つまり寒気もなく暑がることもないということならば
“普通の格好=薄着”のままで大丈夫です。

 

 どのように着せたら良いの?

薄着と言われても、
特に冬はどのように着せたら良いのか
いまいちピンとこないですよね。

具体例をあげると、

 パターン1

・半袖の肌着
・長袖のカバーオール

 

 パターン2

・半袖の肌着
・長袖の薄めのトップス
・ズボンやスカート
(スカートの場合は薄手のスパッツなどを履かせる)

このような着せ方です。

 

家の中で、靴下は履かせません。
赤ちゃんの手足は熱を逃す役目をしています。

また、裸足でいる方がバランスが取りやすく
体が安定するので、柔軟性や平衡感覚が発達し
動作が機敏になっていきます。

靴下を履いていると不安定になってしまうので、
バランスを保とうと
無意識に余分な力がかかってしまい
体が緊張状態になってしまいます。

そうすると、疲れやすかったり体が硬くなったり
イライラしたり落ち着きがないなどの
精神的な症状にも悪影響になってしまうので
家の中では裸足が好ましいです。

 

手足が冷たいと、寒いのかな?
と心配しがちですが、
冷たいのが健康な証拠なのです。

ただ、手足が紫色になるくらいは冷え過ぎなので
子供の様子やその時の気候に合わせて様子を見て下さい。
逆に、手足の先が熱いときは熱があるかもしれませんよ。

 

 【まとめ】

・子供の皮膚は外気にさらすことで強くなるので、
 薄着をさせて抵抗力をつけることができる。
・着せすぎでは汗をかいてしまい、
 その余分な汗が風邪を引く原因になってしまう。
・風邪を引いている時でも、暑がっていれば
 薄着にさせる方が治りが早い。
・冬でも靴下は履かずに、裸足で過ごす。
・手足が冷たいのは健康な証拠である。

 

Sponsored Link




コメントを残す