赤ちゃんの低温やけどに注意!【原因、症状】

低温やけど

寒くなってくると、ホットカーペットやこたつなどの
暖房器具を使用する機会が増えてきますが、
便利な暖房器具は、赤ちゃんへの危険が
いっぱいあります。

“しまった!”と思った時にはもう遅く、
“ちょっと赤くなっているだけ・・・”と思ったら
重症化して痕が残ってしまったり、
最悪の場合では命の危険もあるのが
低温やけどです!

そこで、今回は「赤ちゃんの低温やけど」について
お話したいと思います。

 

Sponsored Link




【TOPICS】

■赤ちゃんの低温やけどの原因
■赤ちゃんの低温やけどの症状と対処

 

 赤ちゃんの低温やけどの原因

低温やけどは、やけどになるなんて
想像できないくらいの低い温度でも
同じ箇所に長時間触れることで
やけどを引き起こしてしまうことから
特に注意が必要なやけどです。

 授乳中にヒーターの熱が子供の足に当たっていた
 ホットカーペットの上に寝かせる
 布団の中に湯たんぽを入れる
 携帯用カイロや湯たんぽを肌に直接当て続けた
 暖房の吹き出し口から出る温風が体の同じ場所に当たり続けた

など、低温やけどは
日常生活の中で起こりやすいやけどなのです。

赤ちゃんが低温やけどになりやすいのは、
こうした状況の他に、体が小さく
体を占めるやけどの割合が広くなりがち
なのと、
防御反応が鈍い赤ちゃんが
熱にさらされる時間が
長くなってしまう
ことが挙げられます。

また、皮膚が薄い為に
傷が深くなってしまい痕が残りやすいのも特徴です。

 

 赤ちゃんの低温やけどの症状と対処

低温やけどの症状は、
低温の部分に触れていた皮膚が赤くなっていることで
気付くことが多いです。

また、ひどい症状の場合は水ぶくれもできて
痛がって泣き止みません。

低温やけどをしてしまった際は、
至急病院を受診するのはもちろんですが
すぐに対処することが必要です。

 顔の低温やけど

直接水をかけられない顔のやけどは、
濡れタオルをこまめに変えて
冷やし続けることが必要です。

 手足の低温やけど

直接水をかけて冷やしますが、
流水の勢いが強すぎると
弱くなった皮膚を削り落としてしまうことがあるので、
弱めの流水になるよう調節して下さい。

 水ぶくれ

水ぶくれには、やけどの患部を保護する役目があるので
つぶさないようにして下さい。

また、やけどの患部には薬など何も付けずに、
湿らせたガーゼか柔らかいタオルなどで冷やしながら
至急病院へ行って下さい。

 

 【まとめ】

・低温やけどは日常生活で起こりやすいやけどなので
 暖房器具を使用する時は十分に注意する。
・患部に直接水をかけて冷やす場合は、
 患部を傷つけない程度の弱めの流水に調節する。
 顔など、直接水をかけられない部位の場合は
 濡れタオルなどをこまめに変えて冷やし続ける。
・水ぶくれができたやけどは、患部を保護している証拠なので
 つぶさないようにして病院を受診する。
・病院を受診する前は、やけどの患部に薬をつける必要はない。

 

Sponsored Link




コメントを残す