マザーズバッグの選び方【必要な機能、おすすめのバッグとは?】

トートバック

出産準備品としても用意しておきたいマザーズバッグですが、
どんな機能が必要なのでしょうか?

せっかく購入するならば、
あって嬉しい機能が盛りだくさんのバッグを
選びたいですよね。

そこで、今回は「マザーズバッグの選び方」について
お話したいと思います。

 

Sponsored Link




【TOPICS】

■マザーズバッグに必要な機能とは?
■おすすめバッグ紹介

 

 マザーズバッグに必要な機能とは?

マザーズバッグとは、赤ちゃんや子供連れのお母さんが
必要なものを入れて持ち歩く為に考えられたバッグですが、
使用する場面は異なりますし、
お母さんによって“あると嬉しいな”
と思う機能はさまざまです。

そこで、使用する場面ごとに分けて
必要になってくる機能をあげていきましょう。

 

 ベビーカーを使用する機会が多い

・ベビーカーのハンドルに下げても大丈夫
・ベビーカーを押しながらでも荷物が取り出しやすい
・ポケットの数が多い
・汚れても拭き取れる
・ショルダータイプにもなる

 抱っこひもを使用する機会が多い

・肩がけできる
・肩がけのまま小物を取り出すことができる
・抱っこの邪魔にならない

 

 おすすめマザーズバッグ紹介

 ベビーカーを使用する機会が多い

 「ルートート“マミールー”」

  デザインが豊富で低価格な為、一番人気のマザーズバッグ。
 バッグと同じ柄のポーチとおむつ替えシート、
 バッグには消臭ポケットもついています。
 ポーチはおむつや小物を入れるポーチとして使用でき便利!
 肩がけとショルダーの2WAYタイプです。

 

 「フルールビル」

  バッグに付属されているリングをベビーカーに付けると、
 ベビーカーにマザーズバッグを装着することができます。
 ぶら下げる必要がないので、見た目もスタイリッシュです。

 

 抱っこひもを使用する機会が多い

 「QUARTER REPORT」

  お手持ちのバッグインバッグや多機能ポーチを活用させたい方は
 ザックリタイプのバッグがおすすめです。
 持ち手も太く、長さもあるので、肩がけしても疲れません。
 ペットボトルホルダーやジッパー付きポケットもありますよ!

 

 「サイドキック“ブリス”」

may5

  マザーズバッグがそのまま抱っこひもになります!
 腰がすわってから、体重16kgくらいまで長く使えます。
 身動きしやすいので公共交通機関を使用する方におすすめ!

 

 【まとめ】

・マザーズバッグを使用する場面を考えて
 必要な機能が詰まったものを選ぶ。
・ほとんどの場面で便利なマザーズバッグの機能は
 バッグが軽い、ポケットの数が多い、ショルダーにもなるもの。
・マザーズバッグの一番人気は、デザイン豊富な「マミールー」

 

Sponsored Link




コメントを残す