新生児のおむつかぶれの治し方は?

aka20131110 

 

生まれたばかりの赤ちゃんは、

紙おむつの方が大きく見えるくらい小さくて可愛いですよね。

 

そんな可愛い我が子のおむつ替えの時、

おしりが赤くなっていてびっくりしたことはありませんか?

 

痛々しくてかわいそうになりますよね。

これが、おむつかぶれと言われる皮膚の炎症です。

 

筆者の息子は幸いおむつかぶれにはなりませんでしたが、

真夏に新生児期を過ごしたため、あせもができてしまい

病院で塗り薬をもらって塗る毎日でした。

 

おむつかぶれになってしまうと、

痛そうだし、治るのか心配になってしまいますよね。

 

今回は、「新生児のおむつかぶれ」について

お話していこうと思います。

 

Sponsored Link




【TOPICS】

■おむつかぶれの原因・症状は?
■おむつかぶれの治し方は?
■おむつかぶれの予防法は?

 

 

 おむつかぶれの原因・症状は?

おむつかぶれの原因は様々です。

 

  • おしっこ
  • うんち
  • 汗・蒸れ
  • こすれることによる刺激
  • カビによる皮膚炎

 

おしり全体が赤くなったり、

あせものようにぽつぽつとした湿疹が出ることもあり、

おむつかぶれなのか、あせもなのかが

分かりにくいことがありますが

この炎症が紙おむつのあたっているところだけであれば、

それが「おむつかぶれ」なのです。

 

おしりだけではなく、

紙おむつのギャザーがこすれることが原因で

ウエストや太ももの部分に炎症が起きてしまうのも

「おむつかぶれ」です。

 

赤ちゃんに次のような症状が見られたら、

おむつかぶれが起こり始めていると思われます。

 

・おしりを拭くと痛がって泣いてしまう
・入浴時にお湯につかると激しく泣いてしまう
・かゆがっておしりに手を持ってくる

 

暑い夏は紙おむつの中でもムレてあせもができやすいため、

判断が難しい場合には早めの受診で医師に診てもらいましょう。

 

 

 おむつかぶれの治し方は?

まずは早めに医療機関を受診して、

医師に診てもらいます。

 

基本はおむつかぶれを治すための

塗り薬を処方していただけると思うので

おしりを清潔にして薬の説明の通りに塗ります。

 

おむつ替えの際、特にうんちの時は

おしりふきで拭くのではなく

「座浴」と呼ばれる、洗面器にぬるま湯をためて

赤ちゃんのおしりだけつけるようにして

コットンなどで洗い流して汚れを取り除く方法があります。

 

まだ首がすわらないと一人ではやりにくいと思いますので、

下に紙おむつを敷いて、ペットボトルに入れたぬるま湯を

少しずつかけながら洗い流す方法もおすすめです。

 

あとは、おしりをなるべくこすらないようにすると

治りも早いでしょう。

 

座浴などでおしりを洗い流す時は、

石鹸やボディーソープなどは使いません。

 

入浴の時も、痛がるようなら使わずに

おしりの部分はお湯で流すだけにしておきます。

 

 

 おむつかぶれの予防法は?

おむつかぶれにならないためには、

こまめなおむつ替えが一番とされています。

 

新生児のおしっこでも、ただの水ではなく

体中の様々な老廃物を排泄しています。

 

肌を刺激する成分を含んでいるので、こまめに替えないと

肌にダメージを与え続けることになってしまうので注意しましょう。

 

おしりが湿っていると、ムレる原因になってしまうので

特にお風呂に入った後はタオルでこすらずに

おしりにポンポンと当てるようにして水分を取ったあとは

すぐに紙おむつをつけないで、よく乾かすことも大切です。

 

普段のおむつ替えの際も、すぐに新しいおむつをつけずに

時々乾かしてあげるとおむつかぶれの予防になります。

 

 【まとめ】

・おむつかぶれになってしまったら早めに受診する。
・おむつかぶれの時はこすらないように注意する。
・おむつかぶれにならないように、
 こまめなおむつ替えを心がけておしりを乾かしてあげることが大切。

 

 

Sponsored Link




コメントを残す