お食い初めのメニューは?やり方とは?

おくいぞめ

生まれたばかりの赤ちゃんですが、

何かと行事が多いですよね。

 

中でも「お食い初め」はどのように行ったら

良いのかわからないという

お父さん・お母さんが

多いのではないでしょうか?

 

今回は「お食い初め」について詳しく見ていきます。

 

Sponsored Link




 

「お食い初め」とは、子供が一生食べることに困らないように、

赤ちゃんに食べ物を食べさせる真似をするという行事です。

 

生後100日目に行うため、

「百日(ももか)の祝い」・「歯がため」・「箸始め」

と呼ぶ地域もあります。

 

そして、地域によっては

生後110日目や120日目に行うところもあるそうです。

 

時期については、両親・義理の両親に

一度聞いてみるといいかもしれません。

 

それではTOPICです。

【TOPICS】

■準備をするものは?
■お食い初めのメニューは?
■お食い初めのやり方は?

 

 

 準備をするものは?

  • 男の子なら赤塗りの漆器
  • 女の子なら外側が黒塗りで内側が赤塗りの漆器
  • 漆器の色に合わせたお膳
  • 白木の箸や銀のスプーン

 

漆器ではなく、離乳食が始まってから使えるように

赤ちゃん用の食器に盛り付けるご家庭も増えているようです。

 

また、銀のスプーンには

「一生食べるのに困らない」という言い伝えもあるので

用意しても良いでしょう。

 

 

 お食い初めのメニューは?

 

お食い初めの基本的なメニューは、

一汁三菜の祝い膳と呼ばれるものです。

 

・赤飯
・鯛などの尾頭付きの焼き魚
・吸い物(汁物)
・焚き物
・香の物
・紅白餅

 

しわがいっぱいになるまで

長生きできるように、と梅干しを添えたり、

歯が丈夫になるようにとの考えから

歯固め石を用意する地域もあります。

 

地元の神社の境内から授かるもので、

お食い初めが終われば再び境内へ納めます。

こちらも、一度ご両親に確認してみると良いでしょう。

 

普段の育児に忙しい中での準備になるので、

あまりこだわりすぎると焦ってしまいますよね。

 

我が子への気持ちが大切なので、

お父さんとお母さんと赤ちゃんの3人だけで簡単に行う場合は

普段のお料理で済ませるご家庭もあるようです。

 

おくい初めセット

 

また、赤ちゃん用品の通販では、「お食い初めセット」として、

漆器とお料理がセットになったものを販売していたり、

インターネットでも、お料理を購入することができるので

こちらを利用するのも良いかもしれません。

 

 

 お食い初めのやり方は?

食事が準備できたら、親族の中の年長者である

おじいちゃんやおばあちゃんが赤ちゃんを抱っこし

 

・大きくなってね
・たくさん食べてね
・この子が一生食べることに困りませんように

 

と、赤ちゃんに話しかけながら食べさせる真似をします。

男の子なら男性、女の子なら女性にお願いします。

 

ちなみに、、

筆者の場合は、子供の生後100日目がちょうどお盆の時期で

主人も、義理の両親も帰省していた為に行えませんでした。

 

その後、日にちにはこだわらず

休みの日に写真館へ記念写真を撮りに行きました。

写真館でも、「百日の祝いコース」が準備されているところが多く、

食品サンプルの祝い膳がセットされ、

着物を着た我が子を可愛く撮影していただきましたよ。

 

写真だけで済ませてしまいましたが、

このような方法もありますので

参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 【まとめ】

・地域によって行い方が異なる場合があるので、両親や義理の両親にも聞いてみる。
・赤飯と尾頭付きの焼き魚に一汁三菜が祝い膳の基本メニュー。
・形式にこだわらず、気持ちのこもったお祝いになることが大切。

 

 

Sponsored Link




コメントを残す