子供が歯磨きしない!歯磨きさせるための対策とは?

虫歯

虫歯や歯周病にならないためにも、
歯磨きはとっても大切な習慣のひとつです。

我が子にも、その大切な歯磨きを覚えてもらって
毎日きれいな歯で過ごして欲しいですよね。

しかし、お子さんが歯磨きを嫌がると
お母さんもイライラしてしまいます。
泣き叫ぶものなら、さらにイライラ・・・。

どうしたら歯磨きをしてくれるのでしょうか?

今回は、「子供の歯磨き対策」について
お話したいと思います。

 

Sponsored Link




【TOPICS】

■子供が歯磨きを嫌がる理由
■歯磨きさせるための対策

 

 子供が歯磨きを嫌がる理由

子供が歯磨きをしてくれないのには、

  • 歯磨きに慣れていない
  • 歯磨きの仕方が分からない
  • 痛くて嫌がる

などの理由が考えられます。

 

歯磨きに慣れていないのは、
仕方のないことですよね。

だからといって、歯を磨かないでいたら
虫歯になってしまいます。

シャンプーも、嫌がるから
今日は洗わないなんていうことはしないですよね。

それと同じで、歯磨きを嫌がっても毎日磨き続けることで
お子さんに慣れてもらうしかないのです。

 

歯磨きを嫌がるお子さんには、
まず歯磨きの仕方を丁寧に教えてあげて下さい。

また、歯を磨かないと虫歯になって
虫歯になったらすごく痛くなって
歯医者さんに行って治してもらわないといけない
ということも話してあげましょう。

『歯を磨かない→虫歯→すごく痛い→大変』

ということが分かれば、
歯を磨いてくれるかもしれません。

 

あとは、一生懸命磨こうとして
ゴシゴシと強く磨きすぎていないでしょうか?

歯茎を傷めてしまって、
嫌がっているということも考えられます。

また、歯ブラシのヘッドが大きいと
口の中であちこち当たって痛がることもあります。
小さめヘッドの歯ブラシに替えてあげると
磨いてくれるかもしれません。

 

他には、だんだんと知恵がついてきたお子さんが
「泣けばやめてくれるだろう」という考えから
お母さんを試しているということもあるそうです。

そういう時は根競べなので、
泣いて嫌がっても歯磨きを続けていれば
いつか普通に磨かせてくれるようです。

 

 歯磨きさせるための対策

歯磨きをしてくれないお子さんの対策を
いくつか挙げてみます。

 

 NHK「おかあさんといっしょ」の
「はみがきじょうずかな?」という
コーナーを見せてみる。

自分と同じくらいの年齢の子が、
一人で歯磨きをして
仕上げをお母さんにやってもらっている映像を見ることで、
「自分でやってみよう!」という
意欲が出るお子さんが多いようです。

 

 はみがきのうたの動画を見せながら磨く

これも動画で気を引く技ですが
かなり効果的です。

私の子供はかなりお気に入りで
「ごしゅしゅ見る!」と言って
喜んで歯磨きをします。

何と言っても動画再生回数が
1000万回を超えていますし
一度試してみては?

 

 いつもより、少しでもおとなしくしていたら
「かしこいね~」
「おにいさん(おねえさん)だね~」
などと褒めまくる

お子さんは褒めてあげると、
頑張って口を大きくあけてくれたり
一生懸命磨いてくれるようです。

 

 お子さんにお父さんやお母さんの口を磨かせてみる

磨かれるのは嫌いでも、
お子さんが誰かの歯を磨くのは
好きなことが多いようです。

歯磨きを楽しい時間にすれば、
お子さんも磨かせてくれるでしょう。

 

 お父さんを磨いてあげるところを見せてみる

お母さんが、お父さんの歯を
磨いているところを見せてあげると
“おもしろそう”“うらやましい”と思って、
「いいな~ぼく(わたし)もして欲しい」
となるのではないでしょうか?

 

 歯磨きも遊びの一つにしてみる

子供は遊びの天才です。
いっそのこと歯磨きも遊びの一つとして
歌を歌ってみたり、リズムよく
「シャカシャカシャカ♪」と言ってみたり
歯磨きの時間が楽しみになるような雰囲気を作ってみましょう。

ただ、歯ブラシを振り回したり
歯ブラシを口に入れたまま
歩いたり走ったりするのは危ないので
そういう遊びはさせないようにして下さい。

 

 【まとめ】

・歯磨きを嫌がる理由がないか、考えてみる。
・歯磨きを嫌がっても、慣れるには毎日続けることが大切。
・歯磨きを楽しい時間にするために、できることをやってみる。

 

Sponsored Link




コメントを残す